様々な場所で購入できる防犯カメラ|家庭用なら簡単に使える

貴重品を守りましょう

金庫

金庫には耐火金庫と防盗金庫があり、後者が防犯に向いています。入れるものや置く場所によって、サイズを選びましょう。鍵は指紋認証からシリンダーキーまで種類豊富なので、自分に合うものを選んでください。ホームセンターやオフィス用品店でも買えますが、取扱店が限られています。色々比較したい場合は通販が便利です。

安心できる暮らしを守る

防犯カメラ

住宅にゴミが投げ込まれる場合、防犯カメラを設置することで犯人を特定しましょう。機能が優れている防犯カメラであれば、百日以上映像を録画できます。防犯カメラの中には侵入者を抑止する犯罪防止機能が備わっているものもあります。

防犯管理に便利なもの

模型と防犯カメラ

防犯カメラの記録を多く残しておきたい場合、SDカードを使用するといいでしょう。しかし、防犯カメラのSDカードは弱点が多くあるためにそれらに注意して使用することが必要になっています。

防犯対策としてのカメラ

男性

最近では家電量販店などでも家庭用防犯カメラが様々販売されており、手軽に購入できる状況になっている。家庭用防犯カメラでは、以前は設置するために宅内の配線が必要になるなど設置に手間やコストがかかっていた。また、カメラ自体の購入金額も高く、簡単に設置することが困難であった。しかし、無線カメラが登場したことにより、個人宅でも簡単に防犯カメラを設置できるようになっている。無線カメラでは、カメラを宅内に設置し、ネット回線などを通して別の端末で確認したり録画できるというものが中心である。値段も数千円程度で購入できるものからあり、購入し必要な場所に置くだけで設置もできる。値段などにより画質などに大きな差が出るため、その点は事前の確認が必要である。

家庭用防犯カメラでは、玄関や一軒家の一階など侵入しやすい場所に設置することで空き巣防止などに役立てることができる。また、駐車場やガレージなどに設置することで自動車への車上荒らしなどの防止にも役立てることが可能になる。家庭用の防犯カメラでは、コンパクトなものが増えており、設置場所を比較的選ぶことなく設置できる。無線カメラであれば配線も不要である為、置きたい場所に取り付けるだけで設置が完了できる。家庭用防犯カメラの中には、人をセンサーで感じ取り警告音を出すものや、人を自動で認識し人物中心に録画するものなど高機能のものが増えている。これらを活用することで、以前では導入できないような防犯対策が簡単に行える。

このエントリーをはてなブックマークに追加